「なるほどですね」は使うな!デキル大人になる講座

話を聞いている時のあいづち。

「うんうん、なるほど、わかるわかる」

気の知れた仲間同士ならなんの問題もない他愛のないあいづち。

目上の人だったり、まだそこまで仲が深まっていない相手に対してだとどうだろう。

敬語離れが叫ばれる若者。

どこからどうとって若者なのかはこの際ひとまず置いておくとしよう。

目上の人との会話で「ふむ・・・なるほど」なんて言えるわけもない。

かといってあいづちを打たないわけにもいかない。

できるだけ丁寧に言って・・・

「なるほどですね」

となるようだ。

かくいう僕も気が付けば「なるほどですね」と言っていたりする。

確かにあいづちを打つ時も、なんとなく返しがめんどくさくて何も考えていないときにも便利な「なるほどですね」

実はまったく正しくない日本語、そんな敬語なんかありゃしないって話なんです。

時代に合わせて「正しい日本語」も変わりつつある世の中なので、今後はどうか知りませんが今のところはNGなんだなって思っておくと相手にいらぬ不信感を与えることはないでしょう。

相手を不快にさせずにあいづちを打つ方法

「なるほどですね」はどう言い換えたらいいのかをご説明してまいります。

ぜひ最後まで読んでワンランクウ上のデキル大人になりましょう。

「なるほどですね」はどこからきた?

じっくり考えてみたら正しくないっていうことはうっすらわかる。

それより、この「なるほどですね」っていったいどこからきた言葉だろうか。

「なるほど」という共感に「~ですよね」という相手の発言にたいする肯定や復唱の意があるのだろう。

また、ですます調なんて言われるみたいに「です」や「ます」を付ければ敬語だろう!なんて思っている人もきっと少なくないはずだ。

「なるほど」だけでは馴れ馴れしすぎるから「です」を付けて丁寧に演出してみた結果なのかもしれない。

「なるほどですね」を言い換えよう

懐古的な方の中には正しくない日本語を使うことにたいして拒絶反応を示す人もいる。

一生懸命話を聞いているつもりなのに「なるほどですね」なんて日本語はねぇ!!みたいに怒られたり、日本語使えないやつみたいに思われるのもツラいことだ。

それなら一体どう言えばいいのか・・・。

「だよね!」

・・・いや、ちょっと軽すぎる。

「ですよね!」

・・・まだ少し軽い上に汎用性が狭まった感があるよね。

「それな!」

・・・目上の懐古オジサマを怒らせたい時に有効かもしれない。

なかなか難しいものである。

しかし、元をただして考えてみよう。

「なるほどですね」は「なるほど」という相手の発言にたいしての理解を示す言葉を丁寧にしようとした結果だってこと。

だとするなら、ビジネスシーンでもっともよい回答は

「おっしゃるとおりです(ね)」

となるわけだ。

「左様でございます」なんていう肯定の言葉もあったりするわけだけど、そもそも「なるほどですね」を使うシーンで考えると場違いに丁寧すぎることもあるだろう。

「おっしゃるとおり」も「左様です」も意味合い的には同じなんだけど、「左様」のほうがより丁寧で堅い言い回しだ。

個人的な温度感でいうなら「左様です」の方が冷たい印象を受ける。

一線バッチリ引いてますよ!みたいな?

まぁ、間違いじゃないので相手やシーンに合わせて使うとよいでしょう。