「ビデオパス」が優秀!?実際に登録|メリットとデメリット

あなたは「auビデオパス」というVODをご存知でしょうか。

もともとはauユーザーのためのサービスだったんですが、近年のネットで動画を視聴する人が増えたため、2018年8月よりauユーザー以外でも利用できるようになり「ビデオパス」に名称を変えました。

スマホ会社の垣根をこえて、今やドコモユーザーでもソフトバンクユーザーでも、auを使っていなくても誰でも「ビデオパス」を利用することができます。

この記事では、ビデオパスを実際使ってみて感じたメリットとデメリットをお伝えしていきます。

きっと、あなたのVOD選びの参考になることでしょう。

ビデオパスをざっくり解説

見放題で視聴できる幅も広い+最新作もレンタルできる。

月額の安さに似合わず、国内ドラマやアニメ・キッズ系の種類が豊富。

毎月540円相当のコインが貰えて、レンタルに使えるのでオトク感がかなり強い。

さらに動画配信だけじゃなく、TOHOシネマズやユナイテッドシネマの映画チケットが割引になるサービスも嬉しいですね!

「ビデオパス」のポイント

 
月額料金562円(税抜き)
動画数10,000以上(見放題)

※最新作のレンタルも充実!

無料コイン毎月540コイン(540円相当)が付与
使用感
満足度
無料お試し30日間

今すぐ無料でお試し

ビデオパスのデメリット

月額が安くてリーズナブル、そんなビデオパスで後でガッカリしないようにデメリットもしっかりお伝えしていきましょう。

見放題で洋モノが少ない

レンタルがあるとはいえ、メインはやっぱり無料で使える部分が気になりますよね。

見放題では洋画や洋ドラマが言うほど豊富ではないので、洋好きには物足りないかもしれません。

複数デバイスで同時に使えない

ひとつのアカウントではスマホやタブレット、PCなどで同時に使うことが出来ない。

なので、家族とアカウントを共有する場合に別々の部屋で同時に視聴できないということになります。

ダウンロード数と期限

好きな動画をスマホなどの端末にダウンロードしておき、外出先でいつでも見ることができる。

しかし、ダウンロードできる上限は5作品までで、6作品目以降はダウンロード済の作品を削除しないといけないルールがあります。

見放題のダウンロード作品は最大48時間の期限があります。

レンタル作品の場合はレンタル期間満期で見ることができなくなる。

今すぐ無料でお試し

ビデオパスのメリット

これまで見て来たように確かにデメリットはある。

他のVODが優れている部分もたくさんある。

それでも、ビデオパスにはそれを補うくらいのメリットもたくさんあるんです。

コスパ最強!

毎月の月額が562円(税抜き)という安さ。

にもかかわらず観れるジャンルや作品が豊富にある。

このクオリティでこの安さはなかなかない!

値段以上の満足度は得られるのは間違いないでしょう。

無料コインと割引券

レンタルに使える無料コインが毎月540コイン(540円相当)貰える。

長編映画なら1本分だけど、超最新作もラインナップされるので、月に1度くらいはDVDレンタルをするという人であればオトク感も増し増しだ。

さらに映画のチケットが割引になるサービスがあって、最大700円も割引になる。これは同伴者にも有効なのでみんなでオトク。

テレビでも見れる

Chrome castやAppleTV、パナソニックVIERAなどにつなげてテレビでも視聴できる。

大画面でみんなで動画を楽しみましょう。

今すぐ無料でお試し

30日間無料で使える

ビデオパスの魅力は実際に使ってみないとわかりませんよね。

そんなあなたにピッタリの無料お試し期間が30日間あります。

この間に合うか合わないかを確かめることができちゃうってこと。

契約するか迷っている時は、この無料期間をかしこく使ってお試ししてみよう。

期間内の解約であれば料金は一切かからないのでご安心を!

今すぐ無料でお試し