"> ');
公式HPはこちら

アロママッサージの形態は要確認

非風俗は体のコリと癒しのサービス

アロママッサージと聞いて、いわゆる風俗系のお店を連想する人もいるかもしれません。

確かに風俗店でそのような施術を打ち出しているところもあることはあります。

しかし非風俗で、純粋に施術で癒すというお店も少なくありません。

非風俗のお店の場合、全身の筋肉のコリをほぐすのが施術の目的です。

一般的には肩から背中、腰、デコルテ、太もも、ふくらはぎといったところを重点的に施術します。

これらの部位に共通しているのは、疲労物質の溜まりやすい箇所である点です。

この部分をほぐして疲労物質を流すことによって、体調を整えていくのが主な目的です。

一方オイルも使用されます。

ハーブやフルーツに代表されるような芳醇な香りのするオイルを使って施術を進めていきます。

これらの香りには脳や筋肉に作用し、精神的な緊張を解きほぐして、リラクゼーション効果が高まります。

心も体も癒していこうというのが、非風俗店のサービス内容です。

風俗と非風俗のアロママッサージ店の見極め方

風俗と非風俗のお店の見分け方ですが、そこまで難しくはないでしょう。

ホームページを見れば、メニューの内容が詳しく記載されているはずです。

その中に性的な内容がかかれていれば、風俗系のお店と判断できます。

非風俗系の場合、利用規約の中に「当店では性的サービスは行っていません」という文言の明記されている場合が多いです。

予約する前に利用規約をチェックする習慣をつけるのがおすすめです。

非風俗店の場合、性的な事柄については厳しく禁じられています。

初めて非風俗系のお店を利用する際には注意しましょう。

セラピストに対して性的な言葉を投げかけるのは禁止です。

もちろんセラピストの体に触れる行為もご法度になります。

悪質と判断されるとそれ以上の施術の中止や次回予約の取り消し、ひどくなると出禁となってしまう可能性もあります。

禁止行為については、お店の公式ホームページに記載されているはずです。

あくまでも非風俗はオイルを使った施術やリラクゼーションを提供するためのお店です。

勘違いのないように気を付けて、セラピストと良好な関係を構築できるように努めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です